儲かる名刺・ブランド名刺

顧客育成RPGサポート

売り込まないで無理なく売れる営業のシナリオづくり
顧客育成RPGサポート

 

こんな課題やお悩みはありませんか?

 

icon_checkもっとお客さんを増やしたい・・・。

icon_checkもっと売上をあげたい、もっと利益を出したい・・・。

icon_checkお客さんが定着しない・・・。

icon_check競合が増えてきて苦戦している・・・。

icon_check良い商品を作れば売れると思っていた・・・。

icon_check広告宣伝費を減らしたいが減らせない・・・。

icon_check応援してくれる人、ファンを増やしたい・・・。

icon_check口コミでお客さんが増えれば・・・。

 

いかがですか?
日々感じている同じ思いがあったのではないでしょうか?
もしひとつでも当てはまる項目があったのであれば、このページを読み進めてください。

 

解決策は「営業のシナリオ」を持つこと!

これらを解決するためには、あなたのビジネスに適した「営業のシナリオ」が必要です。
しかも、その「シナリオ」が途切れることなく、一貫していなければいけません。

物語に、第1章、第2章・・・と、段階を追って進んでいくように、
「営業のシナリオ」にも段階が存在します。

その段階とは、

「お客さん」の状態です。

ひとことで「お客さん」と言いますが、
実は次のような5つの段階があります。

①潜在顧客
②見込客
③新規客
④固定客
⑤得意客

そして、

●得意客の割合が多いほど経営は安定する

●いくら新規客を集めても固定客にならなければ、いつまでも新規客を集め続けなければいけない

というのは、ご理解いただけると思います。

 

何もせずに、潜在顧客が勝手に得意客になってくれればいいのですが、そうは行きません・・・。

 

潜在顧客から得意客になってもらうには、以下のような流れが必要です。

①見込客を集める
②1回購入してもらう(新規客になってもらう)
③固定客になってもらう(リピートしてもらう)
④得意客に育てる
⑤得意客を維持する

そして、それぞれの段階で営業方法が異なります。

 

お客さんの段階で異なる営業方法とは?

 

①見込み客を集める

誰でもいいから人を集めるのではなく、
あなたの商材に興味がある人を集めると購入確率が高くなり、
ムダなコスト(経費、労力)をかけなくてよくなります。
★ポイントは、興味がある人のリストを集めること

 

②1回購入してもらう(新規客になってもらう)

興味を持ってくれた人に対して、
・より興味を持ってもらう
・欲しくなる
ようなアクションが必要です。
★ポイントは、あげる商材を準備すること

 

③固定客になってもらう(リピートしてもらう)

1回購入してくれた人に対して、再び利用してもらうためには、
・フォローのアクション
・リピートされやすい仕掛け
・紹介、口コミしてもらう仕掛け が必要です。
★ポイントは、定期的なフォローをすること

 

④得意客に育てる

得意客になってもらうには、
・得意客だけのサービス、仕掛け
・よりあなたや会社が取り組んでいることを知ってもらう
・応援したくなる仕掛け が必要です。
★ポイントは、得意客を把握するための顧客分析

 

⑤得意客を維持する

得意客を維持するには
・より密着度が増すフォロー
・より密着度が増す商材 が必要です。
★ポイントは、「あなたのための・・・」というフォローと商材を準備すること

 

そして、このシナリオをスムーズに進めていくためには、これらが必要です。

★営業の設計図を持つ
 (営業シナリオづくり、目標数値の明確化、顧客分析)

★あなた独自のカスタマイズしたアイテムを持つ
 (ゴールを意識したツール)

 

ビジネスという大冒険(RPG)に必要なものとは?

ビジネスという大冒険(RPG)に出るためには
自分を助けるアイテム(ツール)を持ち
目的地を示す地図とコンパスが必要なのです。

schaeffler / Pixabay

これらを持たずにビジネスをしていることは、
丸腰で大冒険(RPG)に出ているのと同じ事・・・。

でも、おそらく、このシナリオが充分に整備できていないから、
最初のような課題や悩みがあるのではないでしょうか?

多くの広告宣伝費や値引きをおこなって、
見込みのお客さんを集めても
その後のシナリオができていなければ、
そのまま流失してしまう・・・。
ザルに水を入れている状態になっています。

少しでも早く、空いている穴をふさいで
階段を1段ずつ上がってくれる
お客さんを増やさなければいけません。

いきなり得意客になってくれるお客さんは
そう多くはいません。

ほとんどのお客さんが、
1段ずつ階段を上がっていくのです。

得意客を増やすには、ある程度の時間がかかります。
そして、この間にもお客さんは流失しているかもしれません。
だからこそ、1秒でも早く取り組む必要があるのです。

 

冒険(RPG)で、もう1つ重要なもの

このように考えてみると、

icon_check大変そう・・・

icon_check自分で出来るだろうか・・・

icon_checkわかってはいるけど、なかなかできない・・・

というように感じられるかも知れませんね。

 

でも、RPGを思い出してみてください。

冒険で必要なものとして、
・地図とコンパス
・アイテム
そして、もう一つあります。

そう、仲間です!

自分の苦手なことを助けてくれたり、
自分が持っていないアイテムを持っていたり、
困った時にアドバイスをくれる
仲間がいますよね!

 

得意客を増やしていくという冒険に・・・

お客さんにスムーズに階段を上がっていってもらうためには

●現状を分析し自社に適した営業のシナリオをどうやって作ればいいのか?

●自分に適したアイテム(ツール)は何が有効で、どうやって作れば良いのか?

この冒険を古土があなたの仲間となって一緒にチャレンジするのが、

顧客育成RPGサポートです。

 

シナリオに沿ったアイテムが提供されていない現実・・・

私は35年にわたる印刷業の経験から

さまざまな業種の販促物を制作に関わらせてもらったり、研究を重ねてきました。

その経験から、多くの業者さんが

集めた潜在顧客を得意客に育てることを意識して
それぞれのアイテムを作っていない。

と感じています。

チラシやパンフレット、ホームページなども
それぞれを単発で考えただけで作られています。

もちろん、それぞれのアイテムには特性がありますので
その特性を活かすためには、
色々なアイテムを組み合わせていく必要があります。

また、お客さんには5つの段階がありますので
それぞれの段階において何らかのアイテムが必要なのですが
見込客→顧客の段階しかアイテムがないという場合も多いです。

「儲かる名刺」を例にとってみても

今までの「儲かる名刺」は、
名刺という特性上、初対面での利用が最も多いので

潜在顧客→見込客

の段階に有効になるように作っています。

しかし、現在は、

●見込客→顧客の段階では「資料型の儲かる名刺」

●顧客→固定客の段階では「別商材の儲かる名刺」

●固定客→得意客の段階では「紹介促進用の儲かる名刺」

というように、それぞれの段階において
目的と内容が違う「儲かる名刺」をオススメしています。
私が考えている
それぞれのお客さんの段階に必要なアイテムは、
こんなイメージです。

顧客育成図1706

 

あなたの冒険の仲間に古土を加えませんか?

もうすでにビジネスを始めていらっしゃるのでしたら、

裏返せば、

すでに、冒険に旅立っている!

ということです。

 

そして、もし現在の状況が

●ゴールを見失ってしまった・・・。

●ゴールは見えているけど、道半ばで疲れてしまった・・・。

●目の前の壁があまりにも高いと感じている・・・。

●アイテムを持たず丸腰で出発してしまった・・・。

●一人で進んでいくのは、しんどい・・・。

と感じていらっしゃいましたら

あなたの冒険の仲間として、古土を加えて

★地図とコンパス:営業のシナリオづくり

★アイテム:あなた独自のゴールを意識したアイテム

★仲間:アドバイスと背中を押すサポート

を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

具体的には、

1回2時間×12回の対面またはスカイプミーティングで

1.あなたのビジネスに適した営業プランの構築
  ・現状の分析と目指したい未来の目標設定
  ・見込み客→新規客→固定客→得意客のシナリオづくり
   (各ステップの商材と商材のブランディング要素の抽出)

2.各段階の必要アイテムの企画と要素の抽出

3.実践のためのサポート
  タスク管理、検証、次回の行動へ

これらをあなたのビジネスの状態に合わせながら着々と準備し、実行していきます。

例えば、このような感じです。

第1回 現状把握ヒアリング
どこが詰まっているか、途切れているか?
ビジネスの課題の整理

第2回 目標設定
どこを目指すのか?ゴールの確定
動けるためのビジネスの断捨離

第3回 商材企画①
出会う商材、あげる商材、売れる商材の企画

第4回 商材企画②
関係継続商材、別の売れる商材、売りたい商材の企画

第5回 潜在顧客から見込客へ①
必要アイテム決定、アイテムに必要な要素の明確化
出会う商材のブランディング、キャッチコピー、メッセージの企画

第6回 潜在顧客から見込客へ②
行動計画(いつ、どこで、誰に、どう使って)の作成

第7回 見込客から顧客へ①
必要アイテム決定、アイテムに必要な要素の明確化
売れる商材のブランディング、キャッチコピー、メッセージの企画

第8回 見込客から顧客へ②
行動計画(いつ、どこで、誰に、どう使って)の作成

第9回 顧客から固定客へ①
必要アイテム決定、アイテムに必要な要素の明確化
関係継続商材のブランディング、キャッチコピー、メッセージの企画

第10回 顧客から固定客へ②
行動計画(いつ、どこで、誰に、どう使って)の作成

第11回 固定客から得意客へ①
必要アイテム決定、アイテムに必要な要素の明確化
売りたい商材のブランディング、キャッチコピー、メッセージの企画

第12回 固定客から得意客へ②
行動計画(いつ、どこで、誰に、どう使って)の作成

 

よくある質問

Q1.12回というのは、どのくらいの間隔で実施されますか?

A1.基本的には、あなたのペースに合わせて、実施します。
急いで構築したい場合は、毎週でしたら最短3ヶ月です。
マイペースでじっくり実施したい場合は、月1回でしたら1年となります。
モチベーションを保ちながら実施するには、月2回で半年がオススメです。

 

Q2.12回の間で、シナリオ構築までできなかった場合はどうなりますか?

A2.基本的には12回でシナリオ構築できるように日程調整やサポートをいたしますが
もしできなかった場合は、補講(有料)を実施します。

 

Q3.打ち合わせできるのは、ミーティングの時だけですか?

A3.チャットワークという無料のシステムを使って、相談窓口を設置しますので
期間内でしたら、いつでもご相談いただけます。
チャットワークが難しければ、メールでもご相談いただけます。

 

Q4.ツールを作る場合は、古土さんにお願いしなければいけませんか?

A4.もちろん、他の業者さんへご依頼いただいて構いません。
その場合、ツールの目的やゴールをしっかりお伝えいただいて
主旨に沿ったツールに仕上げてください。

 

 

まずは無料個別相談を

まずは無料個別相談で、あなたの現状の問題・課題の交通整理をしませんか?
あなたに顧客育成RPGサポートが必要なのか?有効なのか?を判断するために

スカイプ無料個別相談の受付をいたします。

あなたが今、どのような問題・課題を抱え、まず何を解決しなければならないのか?
その交通整理してみませんか?

実は何が問題かがわかれば、半分解決したのも同じなのです。

また、顧客育成RPGサポートについての疑問・質問などもあると思います。
個別相談の中でお話しますので、お気軽にご質問ください。

一緒に問題・課題の交通整理をするために、まずは「無料個別相談」にお申し込みください。

もしかしたら個別相談だけで、あなたが長年抱えてきた悩みが解決してしまうかもしれません。
お申し込みお待ちしています。

 

kobetu

 

追伸:自分で何とかやってみよう!と思った方へ

その気持ち、よくわかります。
私もかつて、そう思っていました。

それで、結局できたのか?・・・

多くの場合が、できなかった・・・です。

最初は、「よし、やるぞ!」と意気込むのですが
結局は、目先の仕事に追われ、つい後回しになってしまいます。

それは、目に見えて困っていないからです。

もしかしたら、

・興味のあるお客さんを逃しているかも知れない・・・

・どんどんお客さんが流失しているかも知れない・・・

でも、見えないから自覚できていないんです。

もし、見えていれば、目先の仕事があったとしても
何とか手を打とうとするでしょう。

そして、少しでも早く手を打つには、
どうやったらいいかを、
本を読んだり、人から聞いて学んでいては間に合わない、
ということもわかると思います。

目に見えていないから、自分でやろうとすることもあると思います。

元気なビジネスをやっている経営者は往々にして、

自分で全てをやらず、
自分の得意な事だけに自分の時間を集中させている

というのも事実です。
また、例え自分でできたとしても、

・ひとりよがりのシナリオ、ツールになっている

ということが、多々あります。

自分のビジネスに対する思い入れが強ければ強いほど、その傾向が強いです。

その業界に詳しくない普通のお客さんにとっては、

・全く伝わらない
・欲しくならない

という残念なシナリオやツールになってしまいます。
ぜひ、一度、古土を使って
客観的に自分のビジネスを見直してみてはいかがでしょうか?

ご相談お待ちしております。
kobetu

PAGETOP
Copyright © Personal Branding Div. (ふるど印刷内) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.